ダクタイル鋳鉄・鋳込ヒーターなどのことなら田村鋳工所にお任せ下さい!

株式会社田村鋳工所

お問い合わせはこちら

ダクタイル鋳鉄

ホーム > 業務案内 > ダクタイル鋳鉄

ダクタイル鋳鉄とは、組織中のグラファイト(黒鉛)の形を球状にして強度や延性を改良した鋳鉄でのことです。「ダクタイル」とは「強靭な」という意味を持ち、その特徴的な黒鉛の形状から球状黒鉛鋳鉄、ノデュラー鋳鉄とも呼ばれます。

ダクタイル可能容量

ダクタイル鋳鉄FCD400、FCD450、FCD500、FCD600、FCD700
オーステンパダクタイル鋳鉄(ADI処理)FCAD900、FCAD1000、FCAD1200

ダクタイル鋳鉄の特徴

ダクタイル鋳鉄は、球状黒鉛鋳鉄とも呼ばれ、組織中の黒鉛(グラファイト)の形を球状にして連結し、力を加えたときに亀裂も生じにくい性質を持っています。
つまり、引張り強さ・伸びなどが優れ、普通鋳鉄よりも数倍の強度を持ち、粘り強さ(靭性)が優れています。
その性質により、強度の必要な鉄道部品や自動車部品などに水道管(ダクタイル鋳鉄管)などに数多く採用されている。

  • 作業風景01

ダクタイル鋳鉄可能容量

田村鋳工所ではダクタイル鋳鉄を主とし、銅以上の強度で使用目的に応じて400N~700Nの引張力を持ちます。
FC150~350まで、オーステンパ(FCAD)900~1200N、FCD400~700まで可能です。

  • 作業風景01

対応可能品種

一般鋳鉄

ねずみ鋳鉄 FC150、FC200、FC250
強靭鋳鉄 FC300、FC350

一般鋳鉄について

ダクタイル鋳鉄

ダクタイル鋳鉄 FCD400、FCD450、FCD500、FCD600、FCD700
オーステンパダクタイル鋳鉄(ADI処理) FCAD900、FCAD1000、FCAD1200

ダクタイル鋳鉄について

ページの先頭へ